「MEC Award Collection 2012-2018

MEC Award Collection 2012-2018

2018年9月8日(土)~9月28日(金)

「MEC Award—Media Explorer Challenge Award—」は、映像表現の新たな可能性にチャレンジするExplorer(エクスプローラー)=冒険者・探検者を発掘し、積極的にバックアップするため、2012年よりスタートした若手映像作家のための公募展です。
本展「MEC Award Collection」では、2012年から2018年まで(※)の間にMEC Award大賞を受賞した作家の作品を展示するとともに、これまでの公募展の歩みを振り返ります。

※開催時期変更(2013年以前は4月から開催、2015年以降は3月から開催)に伴い、2014年は開催なし。

インフォメーション

会期

2018年9月8日(土)~9月28日(金)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日)

会場

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム(アクセスはこちら)

料金

大人510円・小人250円 (常設展もお楽しみいただけます)

お問い合わせ

映像ミュージアム 048-265-2500

最新トピックス

2018年9月8日(土)
<SKIPシティCMコミッション>2018年制作CM 完成

展示内容

【MEC Award大賞 受賞作品】

2012年から2018年までのMEC Award大賞受賞作品のほか、副賞(彩の国ビジュアルプラザ内の制作関連施設100時間までの無償利用権)を利用して制作された作品や新作も上映。また歴代の入選作品もご覧いただけます。

大橋史
1986年生まれ。2012年多摩美術大学 大学院美術研究科 デザイン専攻 情報デザイン研究領域修了。アニメーションディレクター、モーショングラファー。 アプリ ケーションの有限性・限界線を意識したアニメーション表現の研究と作品発表をする 傍ら、MVや広告映像、TV番組のタイトルバックの演出等で活躍している。 近年の活動はDAOKO「ぼく」MV演出、米津玄師「春雷」コンサート映像演出(アーティスト QueHouxoとの共同演出)、西尾維新大辞展「バトルシーン」映像演出など。

『CHANNELER』

2012年大賞|『CHANNELER』(映像/5分18秒)

『nakaniwa』

『nakaniwa』(映像/2016/3分40秒)


日野晴香
岩手県出身。現在は映像アーカイブ施設で企画や資料収集を行う。 2012年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻 彫刻コース 修了。 出展・受賞歴等省略。

『Portrait of Occurrence』

2012年大賞|『Portrait of Occurrence』(映像/4分)


橋本玲美
1991年 東京生まれ、2007年から映像作品を中心に作品を制作。 2013年 阿佐ヶ谷美術専門学校 卒業。 主な展示として、「赤のコルパー」展(TIME & STYLE MIDTOWN/六本木/2015年)、「渋谷のたまご」展(旧渋谷区庁舎/2015年)、個展「U NEED SOME HELP」(SYP Art Space/新宿/2016-17年)など。

『悲しみのためのテスト』

2013年大賞|『悲しみのためのテスト』(映像/15分)


山内祥太
主な個展に、「critical selfies ポチョムキン 」(gallery to plus/東京)、「TWS-Emerging2017 恐怖のまわり道」(トーキョーワンダーサイト本郷/東京)。グループ展に、「リボーンアート・フェスティバル2017」(日活パール劇場/宮城)、「ECO EXPAND CITY2016」/(WRO ART CENTER/ポーランド ブロツワフ)、「瀬戸内国際芸術祭2016」(女木島/香川)、「THE EXPOSED #9 passing pictures」(G/P gallery SHINONOME/東京)。

『コンドルは飛んでゆく』

2015年大賞|『コンドルは飛んでゆく』(映像/ 8分39秒)


幸 洋子
愛知県生まれ、東京都在住。 2015年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。 様々な素材を用いて、アニメーションや実写映像の制作、展示のほか、音楽イベントでVJをしたり、アニメーションのワークショップを開催するなど、活動の幅を広げている。「新千歳空国国際アニメーション映画祭2015」日本グランプリ、「17th DigiCon6 JAPAN Regional」JAPAN Gold、「文化庁メディア芸術祭」など、国内外の映画祭にて受賞多数。

『ズドラーストヴィチェ!』

2016年大賞|『ズドラーストヴィチェ!』(アニメーション/5分38秒)

『夜になった雪のはなし』

『夜になった雪のはなし』(アニメーション/2018年/6分)


大柿鈴子
2014年 東京藝術大学美術学部油画専攻 卒業。 2016年 東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻 修了。 2017年 「文化庁メディア芸術祭」アート部門審査員特別賞 受賞。 2017年 「JAC AWARD 2017」リマーカブルディレクター・オブ・ザ・イヤー/黒田明賞 受賞。 http://suzuko-ohgaki.tumblr.com/

『Time on canvas』

2017年大賞|『Time on canvas』(映像/9分52秒)

『shoot』

『shoot』(映像/2018年/5分29秒)


渡辺 栞
1994年 栃木県生まれ。 2018年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 修了。

『ワタヤ』

2018年大賞|『ワタヤ』(アニメーション/2分05秒)

『忘れ たまり』

『忘れ たまり』(アニメーション/2018年/8分7秒)




【SKIPシティCMコミッション】

MEC Award入選作家の中から1名/グループに、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザのCM制作を委託しています。本展では、MEC Award 2018入選の藤倉麻子が手がけたCMに加え、過去3回のCMコミッションで制作されたCMを上映します。

藤倉麻子

『SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザCM』

2018年CMコミッション|『SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザCM』(映像/1分30秒)

【MEC Award アーカイブ】

主催:埼玉県
企画:株式会社デジタルSKIPステーション