MEC Award 2018(Media Explorer Challenge Award 2018)入選作品展

2018年3月17日(土)~4月8日(日)

Explorer(エクスプローラー)とは、冒険者、探求者という意味です。 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムでは、2012年から、映像表現の明日を担う才能を発掘、積極的にバックアップする公募展「MEC Award—Media Explorer Challenge Award—」をスタートさせました。
本年度も、新しい映像表現の可能性に果敢にチャレンジする数々の作品から選ばれた、入選5作品を展示します。またMEC Award大賞は、会期初日の3月17日に会場審査を行い決定します。

インフォメーション

会期

2018年3月17日(土)~4月8日(日)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日)

会場

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムアクセスはこちら

料金

大人510円・小人250円 (常設展もお楽しみいただけます)

お問い合わせ

映像ミュージアム 048-265-2500

【賞】

■MEC Award 大賞(1作品)
入選作品5点のうち1点に授与。
●副賞:彩の国ビジュアルプラザ内施設の100時間までの無償利用権を授与します。
(利用できる施設:HDスタジオ、映像ホール、編集室、MA室、レンタル機材、他)

■MEC Award 入選(5作品)
入選作品5作品は、「MEC Award 2017入選作品展」2018年3月17日(土)~4月8日(日)にて展示

■SKIPシティCMコミッション(1名/グループ)
入選者の中から1名に、SKIPシティのCM制作を委託
●制作費として30万円(税別)を支給します。
●CM制作において彩の国ビジュアルプラザ内施設を無償利用いただけます。
※本コミッションを依頼する1名/グループの選出はSKIPシティ映像ミュージアムが行います。

【審査員】(50音順・敬称略)

菅野 薫(電通CDC / DentsuLab Tokyoエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/ クリエーティブ・テクノロジスト)

■ゲスト審査員
菅野 薫(電通CDC / DentsuLab Tokyoエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/ クリエーティブ・テクノロジスト)

テクノロジーと表現を専門に幅広い業務に従事。本田技研工業インターナビ「Sound of Honda/AyrtonSenna1989」、 Apple Appstore の2013 年ベストアプリ「RoadMovies」、東京2020 招致最終プレゼン「太田雄貴Fencing Visualized」、 国立競技場56 年の歴史の最後の15 分間企画演出、GINZA SIX のオープニングCM「メインストリート編」、Björk や Brian Eno やPerfume との音楽プロジェクト等々活動は多岐に渡る。JAAA クリエイター・オブ・ザ・イヤー(2014 年、 2016 年)/ カンヌライオンズチタニウム部門グランプリ/ D&ADBlack Pencil / 文化庁メディア芸術祭大賞/ Prix ArsElectronica 栄誉賞など、国内外の広告、デザイン、アート様々な領域で受賞多数。

塩田周三(ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役)

塩田 周三(ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役)

2003 年の代表就任以来、海外のTVシリーズや海外市場をターゲットにしたコンテンツ企画開発を推進。アルス・エレクトロニカ賞(オーストリア)、SIGGRAPH(アメリカ)、TBSDigiCon6 他、国内外の有数映像コンテストの審査員等を歴任。2008 年には米国アニメーション専門誌 Animation Magazine が選ぶ「 25 Toon Titans of Asia(アジア・アニメーション業界の25 傑)」の一人に選定された。また、2012 年にTV アニメ「Transformers: Prime」、2017 年に「Lost inOz」各々のエグセクティブ・プロデューサとしてデイタイム・エミー賞を受賞する。

四方 幸子(キュレーター) Photo: 土田祐介

四方 幸子(キュレーター)

情報環境とアートの関係を横断的に研究、キヤノン・アートラボ(1990-2001)、森美術館(2002-04)、NTT インターコミュニケーション・センター[ICC](2004-10)と並行し、フリーで先見的な展覧会やプロジェクトを数多く実現。近年の仕事に、札幌国際芸術祭2014 アソシエイトキュレーター、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭キュレーター、メディアアートフェスティバル AMIT(Art, Media and I, Tokyo)(2014-)ディレクターなど。多摩美術大学・東京造形大学客員教授、IAMAS(情報科学芸術大学院大学)非常勤講師、明治大学兼任講師。

森 弘治(アーティスト)

森 弘治(アーティスト)

映像作品を中心に現代美術の分野で活動。主な展覧会に、第3回恵比寿映像祭、越後妻有アートトリエンナーレ2009、第52 回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際企画展、原美術館「アートスコープ2005/2006」、ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー「Burlesque Contemporains」などがある。2016 年には「MOT アニュアル2016: キセイノセイキ」展のディレクションとキュレーションを主導する。また、2009 年にアーティストによる芸術支援システム「ARTISTS' GUILD」を設立。東京芸術大学などで教えたのち、AIT で教鞭を取っている他、アートの実践教育プログラム開発にも携わる。2016 年3 月より1 年間米国MIT にて客員研究員として研究に従事し、今春帰国。

【MEC Award アーカイブ】

主催:埼玉県
企画:株式会社デジタルSKIPステーション