施設について

埼玉県が整備した彩の国ビジュアルプラザは、映像鑑賞や映像学習、そして撮影・編集から発表までの映像制作を行える施設です。

一般利用者向けの施設として、子どもから大人まで映像制作を楽しく学べる”参加体験型”の「映像ミュージアム」、NHKと共同運営しており埼玉県の貴重な映像資産を見ることができる「映像公開ライブラリー」、過去の名作映画や各種イベントを鑑賞できる「映像ホール」があります。 映像制作者向けの施設としては「HDスタジオ」、「ポストプロダクション」、「インキュベートオフィス」があり、ハイエンドな機材・施設が整備された「デジタル映像制作拠点」としてアマチュアの方からプロの映像制作会社まで広く活用されています。

※お問い合わせについては、「お問い合わせ一覧」をご覧ください。

外観写真

6つの施設

  映像ミュージアム
映像制作を楽しく体験しながら学べます。
  映像ホール
デジタルシネマを迫力満点のスクリーンと音響で楽しめます。
  映像公開ライブラリー
埼玉県の所有する貴重な静止画や映像をオンデマンドで視聴できるライブラリーを備えています。
  ポストプロダクション
フレーム4K、フレームアシスト、プレミア4K、リニア編集室、マルチチャンネルMA室といったハイエンドな機器と快適な制作環境を整備しています。
  HDスタジオ
デジタルハイビジョン番組制作に対応しています。
  インキュベート
18室のレンタルオフィスを備え、映像関連ベンチャーや若手クリエイターを支援します。

映像制作の拠点として

施設写真
施設写真
施設写真

映像ホールは、貸しホールとして、映画上映会や各種イベント等にご利用になれます。映像ミュージアムでは、定期的に映像をテーマとした企画展を開催するほか、撮影機材や編集室の貸出も行っています。またここでは、小中学校の映像学習授業の支援も行っています。クリエイターの方は、HDマルチフォーマット対応のスタジオで撮影し、ハイエンド機器を備えた施設で編集・制作を行い、映像ホールで作品を上映する・・等、撮影から編集制作、作品の発表まで一貫して行うことができます。インターネット放送局「SKIPシティチャンネル」では、イベント情報、子供たちや一般の方々の制作作品や業界の方々へのインタビュー等を世界に向け、24時間配信しています。 更に2004年から、デジタルシネマをテーマとした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」を開催し、次世代映像クリエイターの発掘やデジタルシネマの普及促進を積極的に図っています。