戻る

「マジカリアル~VR・ARが作り出す不思議体験~」

2017年12月5日(火)

1月20日(土)3Dゲーム制作ワークショップ「バーチャルな街を作ろう!歩こう!」

小学校5年生~中学生を対象に、3DCG制作の入門編ワークショップを開催!
プロの現場でも広く使用されているアプリケーション「Unity」を使って、360度見渡しながら移動できるCG空間を作成します。
講師は、本展の「不可視美術館」制作者であり、メディアアートから商業VRコンテンツまで幅広く活躍するクリエイターの坪倉輝明氏です。

日時:1月20日(土)13:30~16:00
会場:映像ミュージアム3階 マルチメディア
対象:小学校5学年~中学生(小学生は保護者同伴も可)
講師:坪倉輝明氏(メディアアーティスト)
定員:15名程度(事前申込制)
参加費:無料(要映像ミュージアム入館料 大人510円/小中学生250円)
※常設展、企画展「マジカリアル」もご覧いただきます。

<申込方法>
以下を明記の上、E-mail(vm@skipcity.jp)または電話(048-265-2590)で申込
①件名「3Dゲームワークショップ」
②参加者名(全員分)
③学年
④電話番号
⑤E-mail
⑥住所
★申込締切:2018年1月10日(水)

※申込多数の場合、抽選となります。
※参加いただける方(当選者)にのみ1/12(金)までにE-mailでご連絡します。
※ワークショップの記録映像はSKIPシティチャンネル等での公開を予定しています。

坪倉輝明氏

2017年12月5日(火)

360°VRで「マジカリアル」展を紹介!

本展の見どころをを360°VR動画で紹介します。ナビゲーターは声優の滑川恭子さん。
※本動画はVRゴーグルでの視聴を推奨します。

2017年11月28日(火)

12月17日(日)「HADO SHOOT!」親子大会 開催

バーチャル空間でモンスターを迎え撃つARアトラクション「HADO SHOOT!」に親子で挑戦!親子の合計得点で競い、上位3組には映像ミュージアムグッズが贈られるほか、参加者全員に「HADO」ステッカーをプレゼント!

「HADO SHOOT!」親子大会

日時:12月17日(日)10:00~12:00
定員:先着20組(9:30から映像ミュージアム受付にて整理券配布、定員になり次第、受付終了)
参加費:無料(要映像ミュージアム入館料)
対象:親子ペア(7歳以上)
・整理券は大会当日9:30から2F受付で配布します(事前予約はできません)。
・整理券1枚で保護者1人、小人1人まで体験可能です。但し1家族(グループ)2枚までとなります。
・親子大会に出場する方は、午後からのHADO SHOOT体験会のご予約はできません。

2017年11月7日(火)

11月14日(火)県民の日 無料開館

11月14日(火)埼玉県民の日は、映像ミュージアムの入館料が無料になります。

本企画展「マジカリアル~VR・ARが作り出す不思議体験~」も無料でご覧いただけます。なお下記のコンテンツは体験時間帯に制限がありますので、ご注意ください。

●HADO SHOOT! 13:15~16:35
※予約制/会場にて9:30より受付。予約枠が全て埋まり次第、受付終了

●恐竜戯画 9:30~16:45

●CHILDHOOD 展示のみ

※当日は大変混雑が予想されます。全てのコンテンツを体験いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※一部のコンテンツは年齢制限がございます。