戻る

どうぶつは、なにをみてるの?2018
~野生動物のバイオロギング~

2018/6/19

6月23日(土) 耳で見る!「Sight」体験会

イルカやコウモリは超音波音を発しその反射音で餌を探しています。この能力をエコーロケーション(反響定位)といいます。
「Sight」は特殊なカメラで写した周囲の状況を、音に変換して聴くことができる装置です。Sightでコウモリやイルカのように耳を使って「見る」体験をしてみましょう!

日時:6月23日(土)10:00~11:30(午前の部)/13:30~15:00(午後の部)
会場:映像ミュージアム3階 ワークショップルーム
講師:和家尚希氏(Sight Project)
対象:小学生以上
定員:20組(5~10分/1組)
参加費:映像ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円)
申込:当日先着順 ※お越しになった順に整理券を配布

耳で見る!「Sight」

©Sight Project

2018/5/31

7月1日(日)【小学1年~4年生向け】ワークショップ 「海の動物の行動を探ろう!バイオロギング体験」

ウミガメは海の中で何を食べているの?
動物の行動を動物自身に測らせる研究手法「バイオロギング」は、そんな疑問にズバリ答えを出してくれます。 「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」(NHK)にも登場したバイオロギングの専門家・佐藤克文さんと一緒に、ウミガメのバイオロギング調査のしくみを体験するワークショップです。

日時:7月1日(日) 10:00~/10:40~/11:20~(全3回)
会場:映像ミュージアム3階 ワークショップルーム
講師:佐藤克文氏(東京大学大気海洋研究所 教授)
対象:小学1年~4年生 ※保護者の方も見学可能です
定員:各回4名(事前申込制)
参加費:映像ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円)
申込:こちらから事前申込 ※応募者多数の場合は抽選
締切:6月24日(抽選結果は6月25日に連絡予定)
※ワークショップの記録映像はSKIPシティチャンネル等での公開を予定しています。

バイオロギング

アオウミガメ ©Chihiro Kinoshita

2018/5/31

7月1日(日)【小学5年~中学3年生向け】トークイベント 「生物が記録する科学~バイオロギングの可能性~」

野生動物たちは、彼らの生活環境の中で何をみているのでしょうか?動物の行動を動物自身に記録させる研究手法「バイオロギング」によって、その謎が明らかになってきました。 「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」(NHK)や中学校2年生の教科書でも紹介されているバイオロギングの専門家・佐藤克文さんが、「バイオロギング」の可能性と海洋生物研究の面白さについてわかりやすく解説します。 対象年齢以外の方でもご参加いただけますので、ご家族やご兄弟での参加もお待ちしています。

日時:7月1日(日)13:30~14:30(開場:13:00)
会場:映像ミュージアム1階 ガイダンスルーム
講師:佐藤克文氏(東京大学大気海洋研究所 教授)
主な対象:小学5年生~中学3年生 ※対象年齢以外の方も参加いただけます
定員:100名程度(当日先着順)
参加費:映像ミュージアム入館料(大人510円/小中学生250円)
※トークイベントの記録映像はSKIPシティチャンネル等での公開を予定しています。

バイオロギング

左 オオミズナギドリ ©Yusuke Gotoh
右 アカウミガメ ©Chihiro Kinoshita